司法書士になるにはどうすればよいか、司法書士の仕事内容など

司法書士とは

司法書士(しほうしょし)とは、司法書士法に基づき他人の依頼を受けて登記又は供託に関する手続きの代理及び裁判所・検察庁・法務局又は地方法務局に提出する書類の作成等の法律事務を業とする国家資格者またはその資格制度。
(Wikipediaより抜粋)


司法書士になるには

司法書士試験に合格しなければなりません。

試験勉強をする期間は、毎日かなり長い時間を勉強に費やす事もありますので、できるだけ一度の受験で司法書士に合格できて、受験の期間は短い方が日常生活の負担というのも少なく済みますね。

司法書士は難易度の高い試験なので、頑張っても合格できるか、という事については分からない事もあります。

しかし、できるだけ一度の試験で合格できる様に努力している人は多い様です。また、何年も勉強を続けているとモチベーションも失われてしまいダラダラと勉強してしまう事もあるでしょう。受験を控えているという人の中には、仕事が終わって帰宅後の時間や、もしくは休日の時間を勉強して過ごしている人も多いでしょう。



悩んだ時の弁護士。弁護士の業務について。

自己破産について考えるサイト。自己破産、過払い請求について。